新しいものを表示

Q:「ひとしれずこそ」作者の気持ちを答えよ
A:夏由うぜえ。叔父さんは人間が出来ている。

自分が書いてみて思うことは、どんな精神状態で書こうと、読まれるときは読まれるし、読まれないときは読まれない。

テクスト論についての本を読み始めた。
国語の授業に馴染めなかったのは、作家論・作品論的な考えに馴染めなかったからじゃないから、と思う。

小説に対して「作者は何を思って作品を書いたか」なんて読むときには何でもいいだろ、「締め切りやべえ」「眠い」「腹減った」が不正解と決めつける根拠へ何だ、という反発。

一晩放置したら復旧してました。なんだったんだろう。

atomの背景色を変えよう
→スタイルシートをいじってみたよ
→画面を更新したら真っ白に!
→再起動したらChromeのディベロッパーツールが出てきたよ
→パソコンも再起動しても変化無し
→再インストールも駄目
→関連ファイルを削除して再インストール
→パッケージが検索すら出来ない
→削除と再インストールを繰り返す
→Github側の連携を取り消したよ
→atom.ioのアプリケーションエラー?で再連携出来ない
→ふてくされて二次を読みあさる←イマココ

全部消してやり直しても駄目。
VSCodeに戻ろう。

今度はパッケージが検索できない。

あれ? atomのスタイルシートをいじってたら画面が真っ白に?

VSCodeはヴァージョンを戻したら大丈夫そうでした。

ですが、しばらくはatomで執筆しつつ、VSCodeで縦型プレビューの形式を試してみます。

新作は表現を削ぎ落とそうと決意した矢先に増える描写。

パソコンに詳しい物書き仲間が本当にありがたく

連休になったらやってみます。

先に自動アプデを停止しないと、インストール直後に最新版に更新されてしまうらしいですね。

アプデ起因は思い当たりますね。たしかにアプデ直後からおかしいので。

VSCodeがおかしいので、atomに乗り換えを検討。Githubと連携できるので、慣れれば問題ないだろう。

感想を送らないと、その作家の作品が読めなくなるらしい。

今年の 

まとめが出来るほどの記憶がないですが、Githubを、私が必要そうな範囲で覚えたり、サイトを作ろうとしたりしてましたね。
夏には活動が出来ず、ずるずると秋以降も停滞気味。
11月以降は漫画に夢中で、今までにないくらい活字の読書量が減りました。二次をやろうか迷いつつ、気持ち的に引っかかるものがあり書きかけで放置。閲覧のみで楽しんでます。

来年は記録をとりたいって毎年言っている気がする。
取りあえず、7月20日頃に「ひとしれずこそ」を完結させたいという野望はあるが、どうなることやら。

最低賃金が1500円にならないかな~って思うけど、急にそこまで上がったら雇用を維持できないだろうな。

やっと数行書けました。
1話分にまとまったので、ひさしぶりの更新です。

古いものを表示
Fumi

Fumi (ふみ) では小説や本が好きな人が集う Mastodon インスタンスです