ちなみに七夕の次の日になったら出そうと思っているちょっと前に書いていた小話もあるので明日覚えていたら出すぞー!

七夕の日になったら出そうと思ってちょっと前に書いていた小話、七夕になったので出した
『七夕の空は快晴』
サイト版:plus.fm-p.jp/u/shellvio/book/p
ノベプラ版:novelup.plus/story/491892478
蝶もの。世間から置いていかれている暗い感じの七夕話。ラストが若干わかりにくくなってしまったので今後に活かします。

「夏だ! Wkumoみんみん祭」
1作目『真夏の一幕』(現行連載『たぬきかきつねのロンサムサバイブ』番外編)
plus.fm-p.jp/u/shellvio/book/p
ネタバレ防止のため濁しますがあれをあれしたら想定よりもイチャつき度がアップしてしまいました。この二人終始イチャついてるな…

大斬w大喜利w
めちゃめちゃ豪華じゃないですかー! 5年前かー! 思ってたより最近だった!

ジャンプでそんな催しがあったとは…笑

「夏だ! みんみんWkumo祭」開催中(画像参照)

先生と弟子のBLが私は好きで好きで好きで

『幸せとはまやかしだろうか』
plus.fm-p.jp/u/shellvio/book/p
「君はまやかしについて考えたことはありますか」
雰囲気先生+弟子の薄暗い会話、680字。

好きな流れ(TOM1ネタバレ含みます) 

私はイシェルナさんが己の闇と対峙し向き合う一連の流れが大好きです(ただ万十朗さんの推しシチュかどうかはわからない)

ということは…推し要素や推しシチュを書くときも情報量が増えるのでは…

黒豆茶さんエアコンおめでとうございます!
あつあつぢごくからの脱出…

私は感想を言うことがねー大好きなんですよ…

感想を言うときは必然的に己の感性を通して物を言うということなので、作品と感想との間には「自分」が挟まっている
そゆこと

感想は究極の自分語りだって言葉、その通りだと思ってる

もっと見る
Fumi

Fumi (ふみ) では小説や本が好きな人が集う Mastodon インスタンスです