恐ろしいことに 

もう8月が半分に来てました

8月の新作 

上旬の間に新作を一応あげられました。
よくやった自分……

といいますか、比較的勢いで書ききってしまった方が、手離れさせやすいのかもしれませんね……

palomino3rd(fumi 📄🖋️ ) さんがブースト

8月の新作、掌編。多分、比較的ホラーになってると思われます。

2022年(令和04)08月10日(水) note|palomino4th : 変調幻想小説聚 [掌編]「pua peap」
note.com/palomino4th/n/n7a2b5b

palomino3rd(fumi 📄🖋️ ) さんがブースト

> 名前を知らないその町に入り、特徴のない住宅が続く間の道を注意深く走らせた。
>どの家も消灯し窓が暗く、町の全てがもう眠り込んでいた。

2022年(令和04)08月10日(水) note|palomino4th : 変調幻想小説聚 [掌編]「pua peap」
note.com/palomino4th/n/n7a2b5b

猛暑でも 

もうしょうがない

palomino3rd(fumi 📄🖋️ ) さんがブースト

新作。

2022年(令和04)08月01日(月) カクヨム palomino4th: [短編]『水彩の路線図』「文月 夢寐の切窓(むびのきりまど) 」加筆修正版公開。
kakuyomu.jp/my/works/168171395

palomino3rd(fumi 📄🖋️ ) さんがブースト

2022年(令和04)08月01日(月) カクヨム palomino4th: [短編]『水彩の路線図』「文月 夢寐の切窓(むびのきりまど) 」加筆修正版公開。
kakuyomu.jp/works/168171395572

スレッドを表示

7月中に公開予定だったのが45分程度遅刻してしまった。反省……

2022年(令和04)08月01日(月) カクヨム palomino4th: [短編]『水彩の路線図』「文月 夢寐の切窓(むびのきりまど) 」
kakuyomu.jp/works/168171395572

palomino3rd(fumi 📄🖋️ ) さんがブースト

2022年(令和04)08月01日(月) カクヨム palomino4th: [短編]『水彩の路線図』「文月 夢寐の切窓(むびのきりまど) 」kakuyomu.jp/works/168171395572

本の昔話 

そんなこんなで。

パソコン(mac)を使う時代になって、そりゃもう、うっきうきでございました。

デジタルツールでやりたかった事が出来るのはすごく興奮しましたし。

スレッドを表示

本の昔話 

ワープロ専用機のフォント、見栄えやポイント数の調整が微妙だったりするので試行錯誤するうちに、次の方式で作るようになりました。

例えばB5版のコピー誌を作るとして
①あらかじめ2段〜3段組の誌面を想定。段ごとの縦の文字数×行数を決める。
②版下そのものをB4サイズの紙で作成、B5サイズで1段ずつ出力した紙を上下に貼る。
③B4サイズの版下をコピー機で縮小コピーをする(B4→B5)。
④ホワイトなどで修正しながら、それをもとにしてB5の1頁分を裏の1頁と繋いで、それをコピー機で印刷、B4で出力。
⑤B4の紙を折りB5にし、重ねてホッチスで閉じて完成

という謎なやり方をしていました。

ワープロのフォントが縮小コピーで引き締まって、文庫本の活字っぽい見栄えになったりして、結構気に入ってました。

スレッドを表示

本の昔話 

むかーし昔の話じゃった……

ということになるんですかのう。

パソコンに触れる前に、「ワードプロセッサー」という機械がありまして。
SHARPの『書院』というのを使ってまして。
基本、キーボードで文章を打ち込み用紙に印字して出力という形式。
もちろん、画面上でレイアウト等は最小限度しかできない……

印字した紙を別の紙に切り貼りし、イラストを貼りつけたりのレイアウトをそこで行ない、それを「版下」にして、コンビニのコピー機で印刷、大きめのステープラー(MAX卓上ホッチキスHD-3DE。重ねた紙を10~75枚まで綴じられる)で製本。

というのをやってた。

針があれば、今でもそれでつくれるな。

(一応)新作。
カクヨムのアカウントを始動させました。

2022年(令和04)07月21日(木) カクヨム palomino4th: [掌編]『入口と出口について』「入口について」
kakuyomu.jp/works/168171395569

palomino3rd(fumi 📄🖋️ ) さんがブースト

2022年(令和04)07月21日(木) カクヨム palomino4th: [掌編]『入口と出口について』「入口について」
kakuyomu.jp/works/168171395569

受賞おめでとうございます。
🍻

なので、web公開に関してもレイアウトとか手を加えられるところはそれも自分の創作活動の一環だとも思うので、いじりまわしたくはなるんですよね。

スレッドを表示

自分だと、(アマチュアでの)創作作品の公開が「投稿か同人誌か」という割と限定されてた時期を経ていると、web公開という選択肢があることは非常に嬉しい感じ。

もちろん、「紙の書籍でまとめてみたい」というのは、編集とデザインも含めた創作の一環だし、それも相変わらずの魅力だったりもしますし。

「書籍化」とは、 

うーん、昔であったら、多分

「書き上げられていた作品が(雑誌掲載発表の有無はともかく)単行本として刊行された」

というニュアンスで、「商業出版/同人出版」共に使ったろうかなーという感じですが、近年だと

「ネット上で公開していた作品/文章が、出版社から刊行された」

という商業出版の文脈かな?という感じですね。

「漫画化」
「ドラマ/映画化」
「アニメ化」

と同等の次元で

「書籍化」

という気持ちもありそうな。

それにつけても、 

お金は欲しいけんど。

スレッドを表示
古いものを表示
Fumi

Fumi (ふみ) では小説や本が好きな人が集う Mastodon インスタンスです